宮崎市のピアノ調律・修理事例

F.Yさんの場合

ピアノの練習中は大量に汗をかくので、僕は冬でもクーラーをつけて練習しています。しかしある日、音がカサカサとした感じになってきたことに気づいて、業者に調律をお願いしました。すると必要なのは調律ではなく修理だと言われました。


クーラーによる乾燥で、木製部分が収縮してネジが緩んでいたようです。湿気だけでなく乾燥も故障の原因になるのですね。業者は、接着剤でネジの隙間を埋めてくれました。それ以後僕は、業者の勧めで加湿器を併用し、故障を防いでいます。

I.Uさんの場合

友人の自宅にピアノがあり、いつもひかせてもらってたのですが、なんだかいつもと違う音律な、って友人と話していました。私も友人も練習中の身ですから専門的な知識もないのでなんで音がおかしくなったのかが全くわかりませんでした。


自分で調律することもできないので、業者に見てもらうことにしました。やはり業者の方は詳しくてすぐに音を戻してくれました。どうやらほこりが原因だったようです。ほこりがかぶらないようにカバーなどで保護することを勧められました。

宮崎市の詳細地域の口コミ

  • 日南市/西都市/児湯郡高鍋町/東諸県郡国富町/串間市/児湯郡新富町/児湯郡川南町/児湯郡西米良村/都城市/小林市/北諸県郡三股町/えびの市/西諸県郡高原町/東諸県郡綾町/児湯郡都農町/児湯郡木城町/
※ピアノ調律の費用、価格、料金についても随時掲載していきます。
※近隣の地域の口コミも含まれています。
 
このページの先頭へ