東大阪市のピアノ調律・修理事例

D.Tさんの場合

私は学生の頃から趣味でピアノを弾いていますが、ある時数ヶ所の鍵盤の音だけがきゅうに出なくなりました。調律は年に一度欠かさず調律師行ってもらっていて、十年以上弾いていますが数ヶ所だけ音が出なくなるなんて初めてでした。


年に一度来てもらっている調律師に連絡すると、鍵盤を強く叩きつけるように弾いた状態が続いた事が原因でした。他にも音が出なくなる可能性がある鍵盤があるとの事なので、一ヶ月修理に出して現在では全ての鍵盤の音が正常に出ます。

A.Tさんの場合

家の練習用楽器で練習した後、ホールやスタジオでピアノを使うとあまりの音の違いに驚く事があります。それでも弾かなくてはいけないのが我々演奏家の宿命なのですが、家の楽器の音程が明らかに狂っている事が判明してしまいました。


原因が分かればあとは早いもので、調律師さんを呼んでチューニングし直してもらいました。例えば演奏者の癖や、日々弾いている曲などで特定の音が狂うのはよくあるそうで、私の癖に合わせたチューニングをしていただけて感動の響きです。

東大阪市の詳細地域の口コミ

  • 大阪市城東区/大阪市東成区/大阪市天王寺区/大阪市中央区/大阪市鶴見区/
※ピアノ調律の費用、価格、料金についても随時掲載していきます。
※近隣の地域の口コミも含まれています。
 
このページの先頭へ