三豊市のピアノ調律・修理事例

O.Uさんの場合

ピアノは、外側が木でできておりとてもデリケートな楽器です。湿気や乾燥も大敵ですし、まれになんらかの理由で虫が中に入り込んで、巣を作っていたり、虫に食われてしますこともあります、どれも見た目では分かりません。


買ってから一年に一度は、専門の調律師さんに調律してもらい、中を点検してもらうべきです。使っていなくても調律はするべきです。調律の際に点検をしてもらわないと大変な修理をしなくては使えないものになってしまうかもしれません。

A.Mさんの場合

弦楽器であるバイオリンは演奏の前に自分で弦の張り具合を調整します。コンサート前にオーケストラの人たちが行っているのを見かけると思いますが、弦楽器であってもピアノは楽器やに持ち込むことも、自分で調整もできません。


調律師という専門家に頼んで、オンサを頼りに1音1音狂いがないか、調整する作業を行ってもらいます。演奏会前にホールに搬入されたら必ず行われますが、一般家庭では、定期的に調整し小さな部品の破損はその場で修理してもらえます。

三豊市の詳細地域の口コミ

  • 観音寺市/善通寺市/仲多度郡多度津町/仲多度郡まんのう町/仲多度郡琴平町/綾歌郡綾川町/綾歌郡宇多津町/
※ピアノ調律の費用、価格、料金についても随時掲載していきます。
※近隣の地域の口コミも含まれています。
 
このページの先頭へ